ヘンタイになった豚クン

鼻フックを装備した豚のマスク。

それを被って、舌をちろちろさせ、

ああ、ヘンタイだな~。と嘆くYクン。

ふふふ。

ここはヘンタイの巣窟。

悲観することはないわ。

それより、非日常を楽しみましょう。(^_-)-☆

嘆くYクンを可愛いいな~。

と思いつつ、大きな乳首を舐めしゃぶる。

Yクン、乳首くすぐったいというけれど、

どんどん大きく硬くなるそれを放っておける私ではない。笑

自分の上に乗っかってほしい。

豚クンの要望に伴い、全体重で圧迫する私。

くぐもった声が下から聞こえる。

半身をずらして、半身を乗せたまま、豚クンのチ○ポを弄る。

おお~。

カイカンとも、重みに耐えかねたともとれる感嘆の声が。笑

マスクに覆われ、表情がないと思われる豚クンだが、

出ている目と口が雄弁に語ってくれる。

時には目を閉じ、時には口を大きく開け、カイカンを享受する。

 

そして、ああ、イク。

の声とともに大きく果てた・・・。

 

次回も、マスクヘンタイプレイしましょう(^_-)-☆

ヘンタイ上等。(^^)/笑

 

ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。

3件のコメント

  1. X X X

    御久しぶりです。
    今朝方、なつみさんと再会する夢を観ました。

    逢いたいからなのかな、、、

    元気にされていますか?
    わたくし、彼女も新たにできまして
    性癖についての悩みも理解してもらえて
    幸せなのに

    どこか満たされないものがあるのかな?

    返信
  2. charisma_natsumi

    XXXさん。
    コメントありがとうございます。

    お~。
    性癖が理解されないって悩んでたもんね。
    それを理解してくれる彼女なんて、幸せ者。笑

    それでも、何か、また、必要性を感じたら、その時は、カリスマに、お越しください。(^^)

    私は、いつでもここにいますよ。(^_-)-☆

    遠くから、XXXさんの幸せを祈っています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。