マスクの弊害

久しぶりのキミ。

キミに限らずなんだけれど、久しぶりの方でマスクを着けていると、誰だったか…。

という失礼な感じになりがちだ。

マスクの一番の弊害だと思う。

 

でも、マスクを外し、プレイをしていくと思いだしてくるこの不思議さよ…。

 

キミはボンテージのツルツルした感じが大好きだ。

なので、ツルツルしたボンテージを見て喜び、触れて欲情する。

私のボンテージのお尻を顔に乗せ、ツルツルした部分を楽しみながらも、お尻の匂いも嗅ぐ。

良い匂いだ。

恍惚とした声が漏れる。

表情は私のお尻の下で見えないが、恍惚とした表情が浮かぶような感嘆の声。

 

そして、ア○ルが大好きなキミは、おねだりをし始める。

枕を2個積み重ね、その上に頭を乗せると、入れられる瞬間を見逃すまいとおだねりをしながら凝視する。

ア○ルに吸い込まれる様に入っていくオモチャ。

それを出し入れしながらチ○ポを弄ると、イキたいと言い出した。

我慢が出来ないようだ。

そのかわり、2回しますからー。

と声を大きくしながら懇願し始める。

イク。イキたいー。

イカせてくださいー。

それを繰り返すように。

そして、私の赦しの声とともに大きく果てた…。

 

久しぶりのカイカンに酔いしれたあと、約束通り二度目に挑む。

私のお尻を顔に乗せ、お尻にオモチャを挿入されたまま、再び大きく果てた…。

ひさしぶりに2度もして、グッタリとしたねー。

よく眠れたと思います😉

 

また、お待ちしてます☺

カリスマはフェチのお店です😉

 

 

ありかとう。

楽しかったよ。

また、しようね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。