激しさを増すお仕置き

最近のカズクンの行動は目に余るものがある。

クラスの女子から苦情が来て、担任である私はそれを受け入れた。

クラスの女子の着替を覗くばかりでなく、私や他の女性の先生の胸や脚を盗み見、剰えは触ろうとしてくるのだ。

いくら小学生とは言えども、このまま見過ごすわけにはいかない。

お母様にお手紙を差し上げ、カズクンに辱めを受けさせることにしたのだ。

 

登校時、ほぼTバックの短パンを履かされて来たカズクン。

私はクラスの女子の要望で、その短パンのTバックの部分を引っ張り上げ、カズクンの羞恥を誘う。

 

どうしてお仕置きされているのかわかる?

カズクンのお尻を打ちながら問うと、

女の子の着替えを覗いたり、先生をイヤらしい目で見たからです。

カズクンはそう答えながら、お尻を打たれている。

けれど、果たしてそれはお仕置きになっていたのか。

お尻を打たれ、短パンをお尻に食い込ませられながら、密かにカズクンは感じていたのだ。

 

それからも、様々な辱めを受けるカズクン。

皆の前でM字開脚をさせられ、その中心に手を這わされたり、

 

お尻を高く突き出し、晒された粘膜に電マを充てられたり。

その度に、ドンドン感じていくカズクン。

とうとう、お仕置きによって感じていたことがみんなにバレてしまう。

それは、履いていたTバック状の短パンを脱がされ、その下の下着を見られたからだ。

大きなシミを作ったその下着。

タラタラと垂らした液体を吸収してしっとりしていたそれをみんなに見られたのだ。

より一層履いている意味のない短さの短パンに履き替えさせられると、お仕置きも過激になる。

モロに見えているチ○ポに電マを宛てがい、はみ出たタマも弄る。

小学生とは思えない歓びを顕にするカズクン。

私は、子供のくせにイヤラしい子ね。

お仕置きされているのに感じているの?

と、詰る。

なじる言葉さえもカイカンに変え、カズクンは高まっていく。

そして、あー。いくー。

の声とともに大きく果てた…。

 

今日はより一層激しかったかな?(笑)

寄り道しないで無事に帰宅してね(笑)

 

どんどんイヤラしくなる小学生のカズクン。

将来が楽しみだなーと、ワクワクするナツミでしたー😁

 

ありがとう。

たのしかったよ。

また、しようね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。