はじめましてのキミ。

私の顔を見て、想像よりきれいな方で嬉しいです。

と満面の笑顔で宣う。

マスクをしている私はドキドキしてしまう。

今、マスク美人沢山いますからね💦。

ここで、マスクを外してガッカリさせませんように。

慎重に外したマスク。

マスクを外すときにこんなに緊張するなんて(笑)

 

マスクを外してみると、それは杞憂に終わったようだ。

キミはニコニコしたまんま、私のお尻を顔に受けたいと要望を話しだした。

私のお尻は大きい。

大きいお尻が好きな人は、顔にのせてみたくなるようだ。(笑)

キミの顔に跨り、お尻を顔に押し付けると、キミは私のお尻を揉みしだきながら、今日は、来た甲斐があったと、嬉しそうな声を上げる。

昔聞いた都市伝説に、胸を揉むとおおきくなるというのがあったな。

今日もこれだけお尻を揉まれたら、私のお尻、倍くらいに大きくなってらどうしよう。

なんてそれこそ杞憂を口にすると、キミは笑いながらも、嬉しそうに笑っている。

勿論、私もキミのカラダを弄る。

お尻を顔に押し付けながら、チ○ポを弄る。

キミは直ぐに高まったようだが、それを押し殺し、私もまた、楽しみを伸ばそうと触れる手を緩める。

キミは一度高まったときに放出しないと、その後はイケなくなる体質のようで、今日は果てはしなかったが、ずっと私のお尻、背中、太ももを揉みながら嬉しそうにしていた。

唾液をください。

そういうキミの口に私の唾液を垂らす。

キミと私の融合だ。

私の一部がキミの中に入り、キミの喜びは大きくなり、そして満足げにプレイを終えた。

 

色々喜んでもらえて良かったです✨

嬉しそうな顔とっても可愛かったです✨

 

ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。