新しいブーツ

新しいアイテムはテンションが上がる。

今日は新しいエナメルブーツの出番だ。

エナメルボンテージ、エナメルブーツに、エナメルのグローブで私は変身する。

今日のヘンタイクンはエナメルが大好きなのだ。

気が合いますな。

私もエナメル大好きです😁

 

乳首とア○ルがとっても感じると申告してくれたヘンタイクン。

触ってみたら、どこもかしこも感じる様子。

漆黒のグローブで触れられる。

それだけで感度が高まるようだ。

耳、首筋、顔をゆっくりとなであげる。

グローブが蠢く様を自身に見せつける。

ヘンタイクンの呼吸は荒くなり、肌を這うグローブの感触を楽しんでいるようだ。

どんどん語彙がなくなり、

 

あ。

か、

気持ちいい。

しか言わなくなるヘンタイクン。

 

ア○ルに挿入を果たすと、吐息は荒くなり、挿入された女性のようなよがり声も聞こえる。

 

ああ。

私の手が六本くらいあれば、

ア○ルを弄りながら、乳首も弄り、それから顔や首筋もなで上げられるのに。

でも、残念ながら手は二本しかないのだ。

なので、

乳首を舐めしゃぶり、そこで触るのはチ○ポになる。

グローブで弄られるチ○ポを、またまたよく見せつける。

 

視覚はヘンタイクンの感度を更に高める。

そして、何度か寸止めを繰り返すと、

イカせてください。

と訴え始めた。

私は嗤いながら許可をする。

ヘンタイクンは体を震わせながら大きく果てた…。

 

私の手はとても大きく、長い指を今まで持て余していたのだが、今日初めて役に立つかもしれない話を聞いた。

為になる話をありがとう☺

 

 

ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。