騎乗位

ア○ル大好きなキミ。

圧迫もされてみたいとのこと。

初圧迫。

苦しいだけでなく、その中に気持ち良さを見いだせたら、好きになっていくみたい。

胸で圧迫すると、キミは荒い呼吸をする。

私は、人殺しにはなりたくない。

けれど、圧迫の良さも感じてほしい。

難しい兼ね合いだ☺

 

キミの感じるア○ルに、玩具を入れていく。

キミは気持ちいい。と、吐息を漏らす。

ア○ルはキミにとって、本当に気持ち良い処のようだ。

キミはカイカンがとても顔に出る。(笑)勿論、カラダにも。

入れた瞬間から、元々勃起していたものに硬度が増す。

触れていなくても、見ているだけでわかるくらいに。

私は漆黒のグローブでそのモノに触れる。

グローブが大好きなキミは、視覚と触覚で、快感を高めていく。

 

私の股間から生えている黒光りするモノ。

それをキミの口の奥まで捩じ込む。

キミにカイカンを与えるものだよ。

ちゃんとしゃぶりな。

キミは一心不乱にそれをしゃぶり、喉の奥まで犯される。

 

キミの唾液で濡れそぼったペニバンは、次にキミのア○ルに挿入された。

ベットの端で、鏡の前で、キミは私に突かれながら、自らも腰をふる。

私はキミのチ○ポにも刺激を与える。

前からと後ろからの刺激にキミは高まる。

キミは騎乗位で、私の股間から生えているペニバンを挿入すると、気持ちいい。と叫びながら腰を振り始めた。

そして、私からの刺激とともに大きく果てた…。

 

暫く震えるようにしていたキミ。

明日、筋肉痛になっていたら、今日のことを思い出してね😉

 

ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。