☆メイド服 ゆうきちゃん☆

初めてのオンナの娘。

餅は餅屋。

タピオカはタピオカや。

専門分野は専門店へ。ということで、

カリスマを探してきてくれました。(^_-)-☆

 

切れ長の目を二重にして、付け睫毛を付け、あとはベースメークで整えてたくらいで、大変身を遂げたゆうきちゃん。

自分のスマホで撮った写真をみて、喜んでくれたのは、嬉しい限りです。(^^)

ご主人様に無理やりメイド服を着させられて、犯される・・・。

そんな設定でしたが、

服を着て写真を撮っているだけで感じて、クリが反応しっぱなし。笑

鏡の前で後ろからスカートをたくし上げ、パンティをなぞると、

カイカンがゆうきちゃんのカラダを貫いた。

ぞくりとカラダを仰け反らせ、ああ。

という声が漏れだす。

嫌がる設定は、お散歩に行きました~。笑

自身にスカートを持たせ、後ろから囁く。

どうしてこんなになってるの?

クリを撫で、お尻を鷲掴みにする。

ゆうきちゃんは、

感じてしまっているからです・・・。

そう、声も絶え絶えに答える。

私は、ゆうきちゃんをベットへ誘うと、

両の脚を大きく広げさせ、くるぶしから中心に向かってゆっくり撫でさすっていく。

ゆうきちゃんは私の指の動きに反応して、

色っぽい唇から吐息を漏らす。

徐に、ストッキングを破ると、中心部の粘膜に入れるモノを見せつける。

そして、どうしてほしいの?

と、問うと、

入れてください・・・。

との答えが。

嫌がるそぶりもなく、むしろカイカンを享受する事だけに向かっていくゆうきちゃん。

ゆっくり入ってくるオモチャを味わい尽くすように、マ○コを締め付ける。

オモチャが呑み込まれ、締まる感覚が私にも伝わるほどに。

クリを弄り、オモチャを動かすと、

イキそう。

を繰り返すように。

そんなにすぐにイカせてなんてあげないよ。

私は嗤いながら、ゆうきちゃんを見つめる。

ゆうきちゃんの喘ぎ声が大きくなってきたところで、

私は手でゆうきちゃんの口を塞ぐ。

そんな大きな声出しちゃ外まで聞こえちゃよ。

耳元で囁きながら、胸元に手を入れ、乳首を弄ると、

ゆうきちゃんの目が見開かれ、イヤイヤをするように首を振る。

そして、突然、大きく果てた・・・。

いきなりのお漏らしに、私が手を止めずにいると、

そのまま二度目のお漏らしに・・・。

 

ぐったりしたゆうきちゃん。

 

両の脚がひくひくしていたのを見て、明日の筋肉痛を心配したなつみでした。笑

 

初めての経験が沢山あったね。(^_-)-☆

今度は、いつか、興味のあった、縛りも入れてみましょう。(^^)

 

ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。

 

白金なつみ

 

 

 

 

☆ドレス 静香さん☆

久しぶりの再会は、清楚な光沢のあるグレーのワンピースに、官能的な緋い麻縄で拘束するところからスタート。

スレンダーグラマーな身体に食い込む緋色は、たわわに熟れるバストや締まったウエスト、太腿の付け根まであらわにしてしまって。

首につけたベルトから伸びる鎖を引っ張って、そのまま洗面台の前まで連行。

いやらしい姿に息を荒げる肢体を後ろから弄って、時折紐の結び目を引っ張れば敏感な場所が締め上げられるのか、高い声がこぼれ落ちる。

次はワンピースを脱がせて、白のレースも慎ましやかなシルクスリップに、いやらしい黒のガーターベルト姿にして、再度緋い麻縄で拘束。

まるで春画の中のようなエロスを見せるしとやかな姿を、容赦なく責め立てていくセンラの指に、声に翻弄されて。

「最後は鏡の前で、自分のやらしいとこ見ながらイくんやで」

再び引っ張り上げられて、洗面台の前で一際激しく、震える身体を容赦なく嬲られて。

生まれたての獣のように震える足で、すがりついたシンクについた手をなんとか立てた、鏡に映るその官能的な眼差しは潤みながらも強い快楽に、深く深く溺れていた。

 

☆☆☆

縄の拘束はいかがでしたか?

いつも通りの脳イキされるのがお上手やったから、センラもついつい盛り上がってしまいました。

今度はギャグボール付きで鏡プレイ致しましょうね。

☆私服系 しおりちゃん☆

トイレから出ると、手を洗っているしおりちゃんが。

彼女の背後に立ち、ちょっぴり悪戯していると彼女があまりにも敏感に反応するので・・・

 

服の上から触っていたが、洋服の中へ手を入れ肌に触れる

下着の中にある小さなアレを触るとすぐに硬く膨らんだ

 

下半身はストッキングの上からでも分かるほどに熱くなっていた

玄関の前に立たせ、彼女の1番敏感なアソコを攻めていく

 

既に愛液でヌルヌルのアソコの周りを刺激してあげる

 

し「それ以上はここではダメ」

は「じゃあどうしたいの?やめる?」

し「ベッドへ・・行きたい」

は「仮眠室で続き、したいの?」

し「うん、して欲しい」

 

我慢出来なくなったしおりちゃんの為にベッドへ移動し、続きを始める

無理やり足を広げ、ストッキングをやぶる

ヌルヌルのアソコに指を入れ彼女の気持ちいいトコロを探していく

 

そこはすぐにみつかり、たっぷり刺激していく

 

指だけでもかなり反応しているしおりちゃん

そんな彼女に新しく仕入れた玩具で更に刺激していく

 

あまりの気持ちよさに乱れまくるしおりちゃん

タイミングを見て、彼女にペニスを舐めさせ挿入する

 

正常位、バックとたっぷり犯す

 

再び正常位で犯しつつ、乳首やクリトリスも弄っていく

自ら腰を動かすしおりちゃん

 

あまりにも気持ちいいのか、時々意識がボヤっとしているよう・・・

 

優しく、そして激しく気持ちいいトコロを刺激し、彼女を絶頂へと導いていく・・・・・

 

 

 

〇しおりちゃん〇

初体験はどうでしたか?

すごく敏感さんだったからいっぱい攻めちゃいました(*´ω`*)ゴメン

他にもいろんなお話も出来て楽しかったです!!

またいっぱいしましょうね♡ありがとう♡♡

 

 

 

☆ブレザー制服 はるかちゃん☆

校則違反をしていたはるかを見つけ注意する

しかし、はるかの態度があまり良くなかったのでお仕置きをする事に・・・

 

キツく彼女の体を縛り身動きが取れないようにしていく

そして、首輪をつけ廊下お散歩する

 

職員室のドアの前で敏感なトコロを触り反応を楽しむ

しばらく遊び、誰も来ない教室へ移動する

 

大声を出されては困るのではるかの口に口枷をつけ四つん這いにさせる

 

突き出されたお尻を思い切り鞭でお仕置きしていく♡

酷いお仕置きをされているのに体が反応しているはるかちゃん

 

下半身はすでに欲しがっている

その中に指を入れ刺激していく

 

Gスポットをいじる度、溢れてくる愛液

トロトロのその中にペニスを挿入

奥までたっぷり、ズボズボと犯していく

 

愛液をクリトリスにもつけ、優しくさわってあげる

しばらく遊んでいると、腰を浮かせるはるか

 

そして自ら腰を動かし気持ちいいとこを攻められながら果ててしまった。。。

 

 

〇はるかちゃん〇

妄想をいっぱい聞かせてくれてありがとう♡

なりきってくれて、とてと楽しかったです!!

遠いからあまり来れないと思いますが、また遊びにいらしてね♡ありがとう

 

☆メイド服 しずかちゃん☆

ド変態のしずかちゃん

「これ、使って遊んで下さい」

 

と持ってきたのはいろんな種類の野菜たち

 

ずっと禁欲生活をしていて、すでにクリもまんこも敏感に・・・

 

すでにおまんこは濡れていたので、小さめのお野菜から挿入

挿入した後おまんこから葉っぱが出てて動物になったみたい笑

 

次は長く刺激が強そうなネギを挿入

これでズボズボ犯してく

 

かなり敏感に反応しているよう・・・

興奮も高まってきたようなので、お口にバナナをらインしてあげる

 

バナナをペニスに見立てて、イヤらしく舐めるしずかちゃん

かなりの変態&淫乱

 

クリトリスもかなり熱くなり、少し冷やしてあげようとお風呂場へ移動

 

そして、彼女の体に聖水をぶちまけ、そして口を開けて飲ませる

 

しっかり味わい喜ぶしずかちゃん

 

聖水まみれのクリトリスを優しく弄り、絶頂へと導いていく・・・・

 

 

〇しずかちゃん〇

久しぶりの女装&おまんこはどうでしたか?

しずかちゃん、とっても変態で敏感だったから時間があっという間でした(><)

またいろんなトコが疼いたら遊びにいらしてね♡ありがとう♡

 

 

 

☆私服系 ゆうちゃん☆

久しぶりのゆうちゃん。

このBBCをよく見てくれているようでアドバイスを頂いた。

もっと写真を入れた方が良いと。

なので早速被写体になって頂いた。笑

大きく脚を広げて、その中心部分を撫でさする。

ゆうちゃんとは、その前まで四方山話にふけっていたが、このひと撫でが、ゆうちゃんにスイッチを入れた。

恥ずかしいと言って布団に潜り込むゆうちゃんを、ふとんから引っ張り出すと、中心部分のストッキングを破り、マ○コに挿入を果たす。

そしてクリを弄り、乳首を舐めしゃぶると、

ゆうちゃんからストップが。

一気にカイカンが高まったようで、イキそうになったと。

まだまだ楽しみたい私たち。

それから、

感じてほしいけれど、イっては欲しくない私と、

まだイキたくはないけれど、感じていたいゆうちゃんの思惑は一致した。笑

ゆっくりと乳首を弄り、マ○コの中に入っているもので、

ゆうちゃんにカイカンを与える。

マ○コと乳首からの刺激に、ゆうちゃんは感度を高める。

そして、抱き合うようにゆうちゃんを包み込むと、大きく果てた・・・。

 

写真載せてみたよ。(^_-)-☆

一番恥ずかしがってたやつ。笑

ゆうちゃんの綺麗な脚が伝わるといいな~。(^^)

その分、文章は短くしてみました。笑

 

また、楽しい時間を過ごそうね。(^^)

 

ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。

 

白金なつみ

☆私服系 あきちゃん☆

可愛い後輩のあきちゃんを家に招待した

彼女の飲み物に睡眠薬を入れ、ゆっくりと眠らせる・・・

 

その間に彼女の手に手枷をつけ、優しく彼女の体を触っていく

 

目を覚ましたあきちゃんは驚き、そして抵抗した

しかし、だんだん気持ちよくなってきたのか嫌がることをやめた

 

おまんこからはすでに愛液が溢れ出て、乳首を弄ると可愛い声で鳴いた

 

おまんこを指で弄ると更にトロトロと液が出て、中がヒクヒクし始めた

 

玩具を入れ刺激すると自ら腰を動かし始めた

 

玩具では足りなくなったあきちゃんは、顔を赤らめながらペニスが欲しいとねだった

 

そんな彼女にペニスを舐めさせ、更に興奮を高めさせた

ゆっくりとペニスを挿入

 

奥までズボズボと犯していく

何度も何度もイクあきちゃん

 

おまんこを犯しながら、クリトリスも同時に攻めてあげる

 

すると、あきちゃんは限界に達したのかお潮をふいて果ててしまった

 

 

〇あきちゃん〇

初体験どうでしたか??

いっぱいイッてくれたのでいつもより激しく犯しちゃったかも(><)笑

またしたくなったらいつでもいらしてね♡ありがとう♡♡

 

☆持ち込み(レースクィーン風) かずみちゃん☆

「今日はレースクィーンになってカメラ小僧達に写真撮られながらだんだん彼らに犯されてくの・・・」

と、淫乱なかずみは言った

 

メイクをいつもより濃いめに仕上げ、髪をとかす

鏡の前や扉の前で色んな人達に見られながらエッチな事をしていく

 

それだけで興奮し始める

扉の前でおまんこを刺激し始めると、あっという間に足元がふらつき始めた

 

仕方なくベッドへ移動し、続きを始める

周りにはたくさんのカメラ小僧達

 

「もっと乱れなさい」

そういうと、かずみは大きな声で鳴きながらもっと大胆に乱れた

 

だんだん指では物足りなくなってきたのか、バイブやペニスを欲しがった

 

バイブを挿入したまま、かずみにフェラチオさせ更に興奮させる

 

舐めながらペニスが欲しくなったのか自らバイブを抜こうとするかずみ

 

バイブを抜いてやり、そのままペニスを挿入

奥までズボズボと犯してやる

 

気持ちよくなってきたのか、自らクリトリスや乳首を弄り始める

そして自らの手で絶頂へと達したのだった・・・・

 

 

〇かずみちゃん〇

前回に続き、少し露出の多い衣装で悪戯しやすかったよ(*´ω`*)

いつもいっぱい乱れてくれてありがとうね♡

またいっぱいしましょ♡♡

☆私服系 ゆうこちゃん☆

あった瞬間、ふとよぎった不安がゆうこちゃんに伝わったようだ・・・。

ゆうこちゃん、身分証を見せてくれた。笑

今年成人のれっきとした大人。

安心してプレイに勤しもう。笑

それにしても、20歳でこんなプレイして、将来が心配よ。笑

 

ゆうこちゃんが目を覚ました。

知らない場所で縛り上げられている自分に気が付き、恐怖と不安で恐れ戦くが、縛り上げられているため、どうにもならない。

助けてください・・・。

放して・・・。

そう懇願するが、そんなことが聞き入れられるわけがない。

 

私は不敵な笑みを浮かべつつ、ゆうこちゃんの顔を撫でる。

とってもきれいな顔。

この顔がカイカンに溺れるところが見てみたい・・・。

 

こんな夜道を歩くなって親に言われなかった?

油断しているアナタが悪いのよ。

 

ゆっくりと脚を撫でさすりながら、中心部分へと向かって手を這わせる。

ゆうこちゃんの口からは、早くも吐息が漏れだす。

清純そうな顔をしているけれども、思ったよりインランなのかしら?

私は、初めてが欲しかったんだけれど。

そう言いながら、大きく脚を広げるとストッキングを破る。

破れたストッキングから覗いた生足。

艶めかしいその脚をさすりながら、また、中心部分に手を伸ばすと、

そこには大きくなったクリが。

パンティーからはみ出したそれを弄ると、身体が大きくはねた。

 

ビクつくカラダ。

抑えられないカイカン。

ゆうこちゃんは、イヤ。

止めて。

そう口にするけれど、カラダはカイカンを受け止めて、感じる事を抑えられずにいる。

 

ふふふ。

カラダは正直ね。

こんなに感じて。

もっと感じさせてあげる。

そう言うと、開いた脚の付け根の粘膜にオモチャを押し込んだ。

ゆっくりと入っていく凶器。

その凶器は、ゆうこちゃんに幸せと苦痛を齎す。

 

気持ちいい・・・。

思わず出た本音と、レイプされているという現実。

レイプに感じるなんてこと、そんなこと有り得ない。

そう思う心と、感じてしまうカラダ。

止めて。

許して・・・。

そう言いながらもカイカンを抑えることが出来ず、

突然大きく果てた・・・・。

 

あまりの突然さに一瞬二人で呆然としてしまったね。笑

急に来た。

と、しきりに恐縮していたけれど、気持ちよかったならOKです。(^_-)-☆

初めてのオンナの娘。

いい思い出になってるといいな~。

 

ただ、寸止めの気持ちよさと苦しさも味わわせてあげたかったわ。(^_-)-☆

次回は是非(^^)

 

この先、どんどんディープな世界を覚えていっても、それは私のせいではありません。笑

 

ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。

 

白金なつみ

 

 

 

☆OL制服 りかちゃん☆

は「りかちゃん、ここに来たらどうなるか分かっててきたの?」

り「はい」

 

彼女の気持ちを確認し、彼女の手を縛っていく

 

縛り終えると、ベストのボタンを外しシャツのボタンもはずしていく

 

乱れた格好を鏡で見せ、そしてベッドへと移動する

 

下着の中へ手を入れ、小さな乳首を指や舌で弄る

下半身も敏感に反応している

 

ストッキングをやぶり、ヌルヌルしたトコロに指を入れ刺激する

 

りかちゃんの感じるトコロをたっぷりと刺激、彼女が欲しがるのを待つ

 

りかちゃんのお顔がとろけたころを見て玩具をいれる

 

ズボズボしながら遊んであげる

 

硬くなった乳首や熱いクリトリスを一緒に弄ると、自ら腰を動かし始めた

 

まんこ汁をクリトリスにつけ激しく攻めていく

おまんこの中がヒクヒク、ギュっとキツく締まる

 

限界に達してしまったのか、りかちゃんはお潮をふいて果ててしまった

 

 

 

〇りかちゃん〇

カリスマの女装はどうでしたか?

好みのお洋服などあらば、いつでもお問い合わせ下さいね(*´ω`*)

とっても楽しいお時間でした♡ありがとう♡